カテゴリ

2010年01月28日

小説タイトル intehgray5

5 壁の向こうにあるもの

 雨は次第に強くなっていった。澄み渡った青空の面影はなく、既に厚い雲に支配されていた。

 雨と、光を遮った雲が、バイクを走らせる華楠の視界を不明瞭にしていた。ヘルメットのお陰で、頭こそ濡れなかったけれど、その他は下着までずぶ濡れだった。

 アパートにたどり着き、ヘルメットをはずして、視界が悪かったのは雨のせいだけじゃなかったと、初めて気が付いた。

 階段を駆け上がり、自分の部屋に飛び込んだ。外は蒸し暑いというのに、体は冷たく冷えきっていた。

「なんだったの? ……梓夕は何を言っていたの?意味がよくわかんないよォー。」

 雨か涙か鼻水か……。ぐちょぐちょに濡れた顔と体をタオルで拭く。部屋のカーテンを閉め、着替えを引っ張り出した。華楠は髪を拭きながら、部屋の中央に立ったまま、鉄橋の側で梓夕が言った言葉を思い出し、考える。どうしてモデルになってくれないの?私と梓夕の生きる道が交わらないって、何の関係があるのよ。どうしてそんなに悲しいこと言うの?どうして?どうして?どうして?

 いくら考えてもわからなかった。

 外は静かになった。

通り雨は過ぎたようだ。

華楠はカバンから手帳を取り出し、ページをめくる。そして受話器を手に取った。



華楠は乾いた服に着替えると、再びヘルメットを持って部屋を飛び出した。夜の帳が下りてくる。



 「オールウェイズ」市街。

 市の中心には「春」と言う名のメインストリートがあり、その通りに面して、大きな公園があった。

 公園には子供達が遊ぶための砂場も、大人たちが心を休める噴水もあった。

 時計を描いた花壇もあったが、この時間帯ではその美しさはわからない。

 華楠は噴水を背にして、その下に広がる浅い階段に腰掛けた。

 その位置からは闇に包まれた花壇が見える。

 ヘルメットを抱きかかえ俯いた。溜息を一つ、二つ……。

 背後から肩を叩かれて、華楠は振り返った。

 葉芝大介が立っていた。

「久しぶり。まさか君から連絡をくれるとは思ってもみなかったよ。」

 葉芝はそう言うと、華楠の隣に腰を下ろした。

 俳優である葉芝は、かなり名を馳せており、フアンも多い。周囲に人がいれば間違いなく彼は囲まれるだろう。しかし、今の彼は帽子さえも被らず、身を隠そうと言う様子が伺えなかった。

「葉芝さん……大丈夫なんですか?」

「何が?」

「人に見られたら大変なんじゃ……。」

「心配ないよ。この時間ならね。それより、久しぶりに会ったのに最初の台詞がそれ?」

「ごめんなさい。ご無沙汰しています。こんな時間に突然呼び出してしまって……。」

 華楠は深々と頭を下げた。

「ほんと、びっくりしたよ。

 それで、何かあった?君が俺を呼び出すなんて、よっぽど何かがあったんだろう?

 だって、ポスター撮影以来、一度食事に行ったっきりだもんな。」

「葉芝さんがなんでも相談に乗ってくれるって言うから……。」

「ああ。勿論君みたいに可愛い子の相談ならいくらでも。」

 葉芝は軽い口調で言ったが、表情は真剣だった。だから、華楠は、梓夕との出来事を話し出した。

 葉芝はしきりに相打ちを打ちながら話を聞いていた。途中で話の腰を折るようなことはしなかったから、華楠も心ゆくまで話すことが出来た。もっとも、最後の方は涙が止まらなくてうまく言葉になっていなかったが……。

 葉芝は華楠にハンカチを渡した。

 その優しさがうれしかった。

「そんな弱虫な男なんてほっといて、俺の写真撮ってよ。」

 葉芝は真顔だった。

「俺さ、一生独身貴族でいようなんて思ってたけど、君が相手なら落ち着いてもいいかなあって思うんだ。」

 葉芝は華楠の顔を覗き込んだ。

 華楠は突然の葉芝の発言に驚き、言葉を失っていた。

「なーんて。冗談だよ。」

「びっくりした……。」

「涙止まっただろ。」

 華楠は小さく頷いた。

「さて、本題に戻ろうか。

 君が好きになった男はとんだ臆病者だよ。」

「あの……好きかどうかはよくわからないんですけど……。」

「でも、君の話を聞いた限りでは、君は彼を好きだし、間違いなく彼は君に恋していると思う。

 だからこそ彼はこれ以上君を愛してしまうことが恐い。」

「意味がよくわからない。」

「つまり、君なしでは生きていけないほど愛してしまったら、いつか君を失った時のことを考えると不安でたまらなくなる。

 或いは、君が天使だとして、彼が悪魔だったら、君を地獄に引きずり込んで汚してまうのではなかろうかと恐くなる。

 それとも、欲しくてたまらなかった人形が、いざ手に入ったら、どうでもよくなって捨ててしまう。君がその人形の立場だったら酷く傷つくだろう。そんな風に君を傷つけたくない。

 だから彼は、君が手の届かない遠い所に居る事を望んでいるんだろうな。君が彼の写真を撮るという事は、壁を乗り越えて彼に近づくことになるだろう?距離が縮まったら君を陥れてしまうことにならないかと恐くなるんだ。」

 段々解ってきた。

 解れば解る程に、腹が立った。

「なんで?どうしてそんな風に考えるの?」

「恋したからさ。恋は人を臆病にする。同時に人を強くもする。もう少し年を重ねたらわかるようになるさ。」

「葉芝さんはそんな風に思ったことある?」

「あるよ。」

「……私どうしたらいいの?」

「君の思う通り、ぶつかっていけばいいそれを受け止められないような男は男じゃない。その時はまた俺のところに来いよ。」

 華楠は大きく頷いた。

「葉芝さん、ありがとう。

 また今度食事しましょう。」

「ああ。気をつけて帰れよ。」

 華楠は小走りで公園を出て行った。

「いい女なんだがなあ。十六歳相手じゃ、犯罪だもんな……。あと十年出会うのが遅かったらなあ。」

 葉芝は華楠の背中を見て呟いた。
posted by houmonkangoshimama at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 タイトル「in the gray」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

1/25

職場で無視され続けるのはもう限界。
自分の仕事だけこなしていればいい、って医者は言うけど、そうでもないじゃない。訪問看護って。
利用者の状態さえおしえてもらえなくなったらもうおしまい。
仕事にならない。
というわけで就活開始。
問題は妊娠三カ月でとってくれるところがあるかということ。
とりあえず、明後日面接行ってきまーす。
posted by houmonkangoshimama at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

時の流れ

戻りたい過去がある
それは戻れない過去
戻っても時は決して止まってくれないから
きっと何も変わらない
変えられるのは
これから
posted by houmonkangoshimama at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

三歳

昨日は二番子の三歳のお誕生日。
ケーキを食べてからお風呂に入ったら、途中で吐いてしまいました。
子供たちを洗ってあげられなくなり、
あとは全てお兄ちゃんに任せる。
年長さんでありながら、弟の体をふき、着替えさせてくれて、
2人でおとなしく子供部屋で勝手に寝てくれて、本当にお兄ちゃんさまさまの夜でした。
posted by houmonkangoshimama at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

定期受診日

金曜日の定期受診で、「君はおそろおしくストレス解消が下手なんだな」と医者から言われました。確かに、そんな風に言われたところで、ストレス解消ってどうやってするの?って感じ。
仕方なっく、以前は大好きでよくやっていたゲームを引っ張り出してみました。
挙句の果てに、今日は、子供たちをスキーに連れて行ってみました。
ただ疲れただけみたいな気がするんだけど…。
仲間とうまくいってない仕事なんて行きたくないなあ。
posted by houmonkangoshimama at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

つわりと点滴

つわりに効く点滴があります。

この前吐き気止めをもらいに行ったら、突如として看護師さんから言われました。
なんだよ、もっと早く言ってくれよ〜って感じだったんですけど、
とりあえず、してもらったところ、一晩経ったら食欲も出て、吐き気も落ち着いて、なんか普通の体みたいになりました。
相変わらず、眠気とだるさはあるけれど。
でも、食べれたおかげでだるさも半減した気がする。
あんなに年末年始辛い思いをして耐えたのに、なんか馬鹿みたいだった。
私も医療従事者だけに気になるんだけど、あの点滴の中身の薬品は一体なんだったんだろう。黄色かったけど。
posted by houmonkangoshimama at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。