カテゴリ

2009年11月03日

呼吸法

呼吸と痩せることを結びつけて考えることは
あまり想像できないことですよね。


しかし意外とあなどれないようです。


人間が生きていくには酸素が必要ですよね。


そして脂肪が燃える代謝を上げることにも酸素は必要不可欠なのです。


人間の呼吸の回数は1分平均18回といわれています。
1日に換算すると、実に26,000回にもなります。


本当にほんの少しのちょっとしたことではありますが、

生きている限りはし続ける呼吸ですからこれを意識して変えるだけで、


ダイエット効果の他にも、美肌効果や
健康面でのいい効果が期待できるのですよ。


何かが燃える時は酸素が必要になります。
脂肪も同じように、燃えるには酸素が必要です。


ウォーキングなどの有酸素運動が脂肪燃焼に
効果的なのはそのような理由もあります。

つまり、ダイエットのために脂肪を燃やしたいなら
酸素をしっかり身体へ取り込むことが大事になります。


普通に生活している時の自分の呼吸を
思い出してみてください。


浅い呼吸になってはいませんか?


呼吸はできるだけしっかり、深くすることが大切です。


時々立ち上がって大きく深呼吸するのもいいでしょう。

取り入れられた酸素は、筋肉などの組織に入り
込んだ脂肪酸も燃やしてくれます。


それから呼吸はなるべく鼻ですることが良いでしょう。


空気が鼻を通過することによって、雑菌やホコリが除去
されて体温で温められ湿気が多くなります。


温かく、湿気の多い酸素の方が肺は取り
入れやすいといわれています。


また、口で呼吸をしているともともとは閉じて
いるべき口の筋肉が、常にゆるんだ状態に
なっていることになりますよね。



これは顔全体のたるみにもつながりますし、

逆に口をしっかり閉じて鼻で呼吸することに慣れれば、
無意識のうちに顔を引き締めていることになりますよ。


また空気中の雑菌なども口で呼吸しているとそのまま

入ってきてしまうことになります。


普段から鼻呼吸を心がけてみましょう。
posted by houmonkangoshimama at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

下半身ダイエット

◇ 下半身を細くしつつ、バストアップ
 ◇◇----------------------------
 
 前号でご紹介したコンビニ袋キック、やってる?
 シルバーウィーク中から毎日きっちりやっていたら

 今頃あなたの下半身、ずいぶんスッキリ
 してきたはずなんだけどナ。

 どうかな〜?

 
「太ももあたりが、徐々に細くなってきた…」
 そんなうれしい報告とともに、

「下半身を細くしつつ、バストアップ…
というのは、無理なのでしょうか?」

 な〜んていう質問が飛びこんできたの。


 無理じゃないわよ〜〜〜っ♪
 自信をもって、断言しちゃうっ!


 胸のかたちを決定づけている乳房の丸み、
 ふくらみの大部分は脂肪組織。だから…

 バストが大きいとか、小さいというのは
 脂肪のつき具合で決定されるってことね。


女性の場合、上半身に脂肪放出レセプターが
下半身にくらべて、6倍あるといわれるの。

 逆に下半身には、脂肪貯蔵レセプターが
 上半身の6倍。脂肪放出レセプターは6分の1。
 
 つまり、

 脂肪が蓄積するときは、どんどん下半身に…。
 脂肪が落ちるときは、みるみる上半身から

… ってこと。

下半身を細くしたい一心でがんばって
 食事を減らしてダイエットをしていたら

 「1ミリだって減らしたくないバストが
 小さくなっちゃた〜〜」なんて嘆いたって、

 そんなこと、あったり前のことなのね。
        ↓ ↓
  http://www.nstimes.info/04-2003/new_series.htm



◇ じゃあ、どうしたらいいの?
 ◇◇------------------- 

 上半身のウエストまでは細いのに
 とつぜん骨盤を境に太さが目立つ。
 
 こういう下半身デブタイプの人って
 もともと胸にお肉があまりないでしょ。

同時に、ほとんどの場合、むくみが
 気になっているよね? ちがう?

 こういう体型のあなたは、カロリーカットの
 ダイエットは絶対にやっちゃ〜ダメなの。

からだ全体的に、脂肪がついていて
 特に下半身が太いというあなただったら

 賢いカロリーカットが必要なんだけどね。


 一般的にバストの小さい人って
 タンパク質の摂取量が少ないか 

 消化吸収や微量栄養素不足の問題で
 うまく体内で利用されていないのね。

 タンパク質が少ないと、むくみやすくなる
 ってことも、これまで何度も話したよね。


 下半身ヤセしながら胸のボリュームアップには
 とくに、動物性のタンパク質食品が大切よ。

肉、魚、たまご、良質のプロテインなんかね。
 
 バストは女性ホルモンの影響下にあるので
 もしあなたが、貧乳に悩んでいるなら

一緒にビタミンEの摂取も心がけるといいね。
女性ホルモンの分泌を正常にしてくれるから…。


それとともに、と〜っても重要になってくるのが
アロマオイルを使っての下半身マッサージよ。
      http://www.ashiyase.info/aroma/index.html


上半身に多い脂肪放出レセプターの働きを封じ込め
 下半身からより多く脂肪を放出する状況をつくるには

外部から適度の刺激を与えることが一番だからね。


下半身のリンパや血流をよくするための
 エクササイズなども併用するといいね。

バストのための栄養条件をしっかり整えつつ
 下半身からの脂肪放出を優性にしようねっ!
              ↓ ↓
http://www.nstimes.info/04-2003/new_series.htm


posted by houmonkangoshimama at 08:00| Comment(0) | ダイエット体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

冷え性ダイエット

今日は、冷え性改善ダイエットについて
紹介していきたいと思います^^


⊂★⊃〓〓⊂★⊃〓〓⊂★⊃〓〓⊂★⊃〓〓⊂★⊃〓〓⊂★⊃〓
女性に多い悩みのひとつである「冷え性」。
手や足が冷える非常に辛い症状です。
夏が終わり徐々に寒くなるこの時期は特に対策が必要ですね。


そこで私が提案したいのが「冷え性改善ダイエット」です!
これは冷え性を改善して、さらにダイエットもできてしまうという優れもの。


気になる内容はというと・・・

まず朝起きたら背中とお腹、腰にカイロを貼って体を温めながらストレッチを20分しましょう。
たったこれだけのことを毎日繰り返すだけで冷え性が自然と改善されていきます。


食事は体を温める健康的な食べ物を摂取しましょう。
お勧めはかぼちゃ、タマネギ、白ネギ、アジ、イワシ、秋刀魚などの食材です。


その反対でナス、キュウリ、トマト、レタス、カニ、マグロ、牡蠣などは
体を冷やす食材ですので、気をつけましょう。


適度な運動と健康的な食事、この2つで冷え性は改善できます。
そしてダイエットにも繋がります!
ぜひ明日から実践してみてくださいね。
posted by houmonkangoshimama at 19:49| Comment(4) | ダイエット体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。